10:bölüm Yaeko ve Noriko İftara gitti. / 第10話 やえことのりこはイフタールへ行きました。

※画像クリックで拡大します。

※画像クリックで拡大します。

■過去(〜だった)の付属語

過去の付属語は、「Güzeldi.(素敵だった)」「Babam doktordu.(私の父は医者でした。)」など、
形容詞や名詞などにつくときに使います。9話の動詞の完了形とそっくり。

過去の付属語

最後の単語の母音 a,ı o,u e,i ö,ü
母音で終わる単語 -ydı -ydu -ydi -ydü
有音子音で終わる単語 -dı -du -di -dü
無声子音で終わる語幹 -tı -tu -ti -tü

※有声子音…b,c,d,g,j,v,z,ğ,l,m,n,r,y / 無声子音…p,ç,t,k,ş,f,s,h

②「AはBでした」の言い方

過去の付属語に人称語尾(4話参照)をつけるだけ!ただし、「biz(1人称複数)」の時だけ、人称語尾は-kになります。これも動詞の完了形と一緒ですね。

例)

私は教師でした。
Ben öğretmendim.

私たちは教師でした。
Biz öğretmendik.

君は教師でした。
Sen öğretmendin.

あなた/あなた方/君たち は教師でした。
Siz öğretmendiniz.

彼/彼女 は教師でした。
O öğretmendi.

②疑問形の言い方

「AはBでしたか?」と言いたい時は、B(形容詞や名詞)の後に「疑問の付属語(mı /-mu /-mi /-mü)」と過去の付属語を置きます。(※疑問の付属語のおさらいは1話へ!)

彼/彼女は 学生でしたか?
O  öğrenci miydi?

東京は人がたくさんいましたか?
Tokyo kalabalık mıydı?

1・2人称の場合は、最後に人称語尾(4話参照)をつけるのもお忘れなく!

私は怠け者でしたか?
Ben tembel miydim?

私たちは太っていましたか?
Biz şişman mıydık?

君は運転手でしたか?
Sen şoför müydün?

君たち/あなた/あなた方 は店員でしたか?
Siz satıcı mıydınız?

②否定形の言い方

「AはBではありませんでした」と言いたい時は、Bの後に「değildi」を置きます。

トルコは寒くありませんでした。
Türkiye soğuk değildi.

1・2人称の場合は、最後に人称語尾(4話参照)を!

私は元気ではありませんでした。
Ben iyi değildim.

私たちは警察官ではありませんでした。
Biz polis değildik.

君は嘘つきではありませんでした。
Sen yalancı değildin.

君たち/あなた/あなた方 は教師ではありませんでした。
Siz  öğretmen değildiniz.


マンガで覚えるトルコ語、第10話、いかがでしたでしょうか?今回で文法説明はラスト。次回からは1〜10話の練習問題などをアップ予定です。Çook yakında!!!

また、これを読んでくださった皆さんと一緒にこのトルコ語情報サイトをより充実させていければと思っています。トルコ語の文法や言い回しについて、美味しいトルコ料理のお店やレシピ、ご意見ご要望などなどございましたら、お気軽にメールいただければ嬉しいです。みんなでトル友(=トルコ語友達)の輪を広げようー!

絵と文:
池田八惠子

参考文献:
ニューエキスプレストルコ語(白水社)
トルコ語文法 初級・中級(東京外語大学 生活共同組合出版部)
トルコ語辞典 ポケット版(大学書林)